選手をケガから守り、さらに自信までつける方法

from 前田幸介

あなたは、練習を一生懸命やっているのに

・全く良くならない
・ケガばかりしてしまう
・プレーが安定しない

このような悩みを抱えていませんか?

この悩みについては、練習内容なども関係してきますが、
一番大事なのが自分自身の「フォーム」を分析し、改善していくことです。

僕自身も指導する際に、大切にしている「フォーム」について話します。

フォームにこだわる理由

僕のバレーボール指導のほとんどは「フォーム指導」

ボールがどこに返ったか?スパイクが決まったか?アウトになったか?

そういう「結果」ではなく、

どういうフォームでプレーしたか?どういう気持ちでプレーしたか?

そういった「プロセス」にフォーカスしている。

僕がこれほどまでにフォームにこだわるのには理由がある。

中学3年の夏、僕は北信越大会の試合中に、背中の筋肉の肉離れを起こした。

乱れたスパイクフォームが原因だろう。

そのケガが原因で、その後の中学選抜ではあまり良いプレーができずに、とても悔しい想いをした。

フォームが安定・安心を生む

フォームの安定は、プレーの安定を生む。

一人一人フォームの教え方は多少変わってくるが、基礎基本は皆同じであり、意識させること、意識できる環境を作ることが重要だ。

メンタルコーチの妻は「姿勢の乱れが、心の乱れを生む」とよく話しているが、つまりそれは『フォームの安定が、心の安定を生む』ということにもなる。

そしてなんといっても、フォームの安定は選手をケガから守る。

高校野球では「球数制限」が問題視されているが、僕個人の考えとしては、やはりフォームが大事だと思う。

悪い投球フォームで50球投げるのと、良い投球フォームで100球投げるのとでは、どちらが選手にとってケガのリスクが高いだろうか。

なんども言うが、良いフォームはプレーの安定・自信に繋がり、選手の身体を守る。

「強いスパイクを決めたい!」
「レセプションやディグをあげれるようになりたい!」
「これから毎日100本サーブ練習します!」

その気持ちはよくわかる。

だけど、ただ長時間、数を練習すればいいものではない。

ケガをしてしまったら、大好きなバレーすらできなくなってしまう。

僕は、選手をケガから守る為にも「良いフォーム」をこれからも追求し、指導していきます。

それでは。

PS.良いフォームを身につけ、苦手なプレーを自分の強みに変えたい人は、

今すぐこちらをチェック!