フェイントボールの上げ方

from 前田幸介

あなたはフェイントボールの処理について考えたことはありますか?

フェイントボールを落とさず、攻撃を仕掛けれるようになれば、チームはさらに勢いに乗れます。

理想的な上げ方とは?

フェイントの上げ方として、

・よく見かけるのは、走りながらとる方法。
・もう一つは、膝を入れて上げる方法です。

あなたは、どちらの上げ方をしていますか?

僕が指導する場合は、必ず膝を入れて上げることを教えています。

なぜ、走りながらとってはいけないのか?

まず、フェイントだけに限りませんが、

走りながら(動きながら)ボールをコントロールするということが、どれほど難しいか?

ということが大きな理由になります。

これは、他のスポーツに置き換えると、イメージしやすいです。

例えば、野球選手の場合、

・動きながらバットを振る
・走りながらボールを投げる

これで正確にコントロールする選手は、なかなかいないですよね?

バットを振る時も、ボールを投げる時も、一瞬止まっていると思います!

前に落ちるフェイントボールやハーフスパイクを、走りながらとって、
上にあげたり、セッターへ返すためには、
腕のみでコントロールしなければいけません。

小学生は身体が小さいため、走ってボールを「運ぶ」ということが多いと思います。

これは小学生には適していると思いますが、

中高生になると、ボールスピード、試合展開、ラリーが格段に速くなります。

そうなったときに、正確にボールをコントロールするためには、

動きながらではなく、なるべく止まって上げることが必要になってきます。

完全に止まっていなくても、
瞬間的に止まることで「間」が生まれます。

この「間」があることで、ボールコントロールは格段に良くなります!

膝を入れてとると「間」ができますし、
ボールの下にお尻(腰)が入り、ボールを上に上げやすくなります。

また、次の行動に移るスピードも速くなります。

動画を見て研究しよう!

今回は、走りながら上げる方法と、膝を入れて上げる方法を動画にしましたので、

ぜひ、見比べてみてください!

走りながらだと、お尻が入らず、ボールを前に上げることしかできないのに対し、

膝を入れることで、お尻も入り、上に上げやすくなっているのがお分かりでしょうか。

せっかく上げたボールも、トスに繋がらないと意味がありません。

トスに繋がっても、アタッカーが打てなければ(ひらく時間がなければ)
意味がありませんよね!

ぜひ、膝を入れることを意識して、練習してみてください!

それでは!

PS もしもあなたが、

・自分がどんなフォームをしているのか分からない
・どこをどう直せばいいか分からない
・専門的なアドバイスが欲しい

そう感じているのなら

この個人レッスンはあなたのためのものです。

↓ ↓

今すぐ個人レッスンについて確認する