【特別動画】レセプションの基本姿勢

from 前田幸介

あなたは、レセプションに対して、こんなことで悩んでいませんか?

・正面に入っているが、弾いてしまう
・ボールを上手くコントロールできない
・ボールの変化に対応できない

レセプションはサーブと同じでプレーの1本目に行うものであり、

安定性と正確性を求められるとても重要なプレー。

今日はレセプションで悩んでいるあなたに、

安定性と正確性を高めるための基本姿勢について特別動画でお伝えします。

レセプションのコツ3つ

レセプションが安定しない理由としては、

1.基本姿勢
2.動き方
3.腕の出し方

大きく分けてこの3つです。

レセプションを安定させる為には、まず、1つ目の

基本姿勢(フォーム)

が重要になってきます。

なぜなら、いくら正面に入っても、フォームがよくないと弾いてしまうからです。

レセプションの基本姿勢

レセプションの基本姿勢で意識してほしいのは、5つです。

1.足幅を広げて、ドシッとする

足幅が狭いと、下半身がブレてしまい安定しません。

身体がブレないように、足幅は大きく広げましょう。

2.かかとは地面につける

踵(かかと)が上がってしまうと、これも下半身がブレてしまう原因になります。

踵はできるだけ地面につけるようにしましょう。

3.おしりを出さない

おしりを出すと、腕と身体が遠くなってしまい、腕がブラつき安定しないので、ボールを弾く原因になります。

おしりを身体の中に入れるように意識してあげると、腕が少し固定されるので安定してきます。

4.アゴをあげない

常にアゴをひいて、目だけでボールを追いかければ、腕にヒットするときには腕と顔は近くなり、ボールも視界に入りやすくなります。

アゴが上がると、腕と顔の距離が遠くなるので、ボールが視界から見えなくなってしまいます。また、顔を上下をしてしまう原因にもなります。

5.背中を丸める

レセプションはドッチボールのキャッチと同じで、包んであげることが大切です。

胸を張ってしまうとボールの勢いを吸収できず、弾いてしまうので、背中を丸め、身体全体で包みこむイメージを作りましょう。

以上が、レセプションの基本フォームです。

この5つをマスターをすれば、簡単にはボールを弾かないようになります。

では、言葉での説明は難しいので、実際に動画をみてみましょう!

短時間であっても、意識して練習することが上達スピードを速くしてくれますので、この動画をみて、ぜひ今後のレセプション練習に活かしてください!

PS 苦手なレセプションを自分の強みに変えたい人は、

今すぐこちらをチェック!